« 2013年 WARランキング | トップページ | 2014年 救援無失点率ランキング »

2019年2月28日 (木)

2014年 誰が新戦力になったのか

毎年、新人・新外国人・FA移籍選手などが新戦力として注目されますが
皆が皆期待通り活躍して新戦力になるとは限りません。
また逆にあまり注目されていなかった若手選手が開花し新戦力になるということもあるものです。
そこで実際に誰がチームの新たな戦力になったのかWARを使って振り返ります。

方法は至ってシンプル。
2013年と2014年のWARを比べその増加分を戦力アップ度としたランキングを作りました。

戦力アップランキング
971

2014年、WAR2.0以上の戦力アップをもたらした選手は43人。
表の2013年の項目が空白となっているのが新加入選手で22人。その内訳はこのようになりました。

新人   石川、松井、又吉、岩崎、森
新外国人 メヒア、メンドーサ、ゴメス、ロサリオ、デスパイネ、アンダーソン、呉昇桓、グリエル、モスコーソ
国内移籍 李大浩、久保、ペーニャ、サファテ、涌井、スタンリッジ、大竹、片岡

« 2013年 WARランキング | トップページ | 2014年 救援無失点率ランキング »

戦力分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年 誰が新戦力になったのか:

« 2013年 WARランキング | トップページ | 2014年 救援無失点率ランキング »